45R お店ブログ

満足工房
2016/06/03 夏が待ち遠しくなるお直し

こんにちは、満足工房です。

暑い日が続いていますが、まだまだ朝晩は冷えこみます。
お休みになる時は暖かくしてご自愛下さいませ。

今回のお直しは思わずバカンスに行きたくなるような
ボタニカル柄を活かしたリメイクです。

20160603193914.JPG

かなり大判のストールで端に紐がついており
ワンピースやスカートなど、工夫次第で様々な 着方が楽しめるストールです。
しかし、近頃はストールとしてお召しになる機会が減っていたそうです。

20160603194052.JPG

20160620205008.jpg

今回はイージーパンツにリメイクすることになりました。
45Rのお店で売られているものや、お持ちのお気に入りの服に似せて リメイクすることができます。

20160603195144.JPG

20160620204410.JPG


丈やウエストなど、寸法はお客様に合わせることもでき
ご本人様ぴったりにお作りすることもできます。

 

20160603194612.JPG

気になることがございましたら小さなことでもご相談下さい。
皆さまのご利用心よりお待ちいたしております。

 満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845  メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/05/23 まっさらなシャツで気持ちよく

こんにちは、満足工房です。

気温が上がり、シャツ一枚で出掛けられる日も増えてきました。

この時期に気になるのは白い衣類の黄ばみです。
満足工房にも日々お悩みのご相談をいただきます。
リメイクなどで処置もできますが、ずっときれいに着られるに越したことはありません。

今回は白シャツの洗濯についてご紹介させていただきます。

20160523174727.JPG

 どんな汚れでもなるべく早く落とすことが大切です。
洗濯の前に、まずは品質表示をご確認下さい。
素材は同じでも、使用しているパーツなどで洗濯方法が異なることもございます。

20160523175321.JPG
・液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい
・塩素系漂白剤による漂白はできない。
・アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140~160℃まで)で掛けるのがよい。
・ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する。 

という意味になっています。

日常の洗濯であれば、一般的な洗濯で十分きれいになるのですが
襟などのしつこい汚れは洗濯機に入れる前に
下処理をしておくと汚れをすっきりと落とすことができます。

準備するものは

・中性・弱アルカリ性洗濯洗剤または洗濯用石けん
・洗面器

20160523194555.JPG
中性洗剤とアルカリ性の違いはといいますと、中性はウールやシルクなどの
おしゃれ着用にも使え、生地を傷めにくいのが特徴です。
一方アルカリ性は皮脂汚れなどもよく落としますが、デリケートな素材には使えません。

今回は綿素材のオックスシャツを洗うので
より洗浄力の強い、弱アルカリ性の洗剤を使用します。

品質表示に記載されている水の温度、30℃は
だいたい水を日向に汲み置いた程度の温度です。
水道から出したそのままの水であれば問題ありません。

まずは洗剤を直接汚れに付けて揉み洗いし、油脂汚れを落としていきます。

20160523180018.JPG

20160523180040.JPG
汚れが落ちにくい場合は、洗剤を溶かした水にしばらく漬け込みます。

20160523180238.JPG

そのまま洗濯機にいれて、普段通りの洗濯をします。

20160523180302.jpg

新品のような白さが戻りました。

 20160523180320.JPG
襟元は汗染みになりやすいものです。
染め変えで目立たなくするのも良いですが
思い切って襟をとってノーカラーのブラウスにするなどの
リメイクもぜひご検討下さいませ。

皆さまのご利用、心からお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845  メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/05/07 たくさん着て洗って、自分だけの色に

こんにちは、満足工房です。
前回のブログでは、デニムの洗い方をご紹介いたしました。

今回は45Rの顔とも言える
「藍・インディゴ」の服の洗い方について ご紹介させていただきます。

20160507115353.JPG

 そもそも藍やインディゴ染めと、普通の染めとの違いとは何でしょうか。

普通の染めは繊維の奥まで染料が浸透していますが

糸の中が染まらずに白く残っているのが特徴です。
なので表面が色落ちすると、中の白色が出てくるのです。

 

藍とインディゴの違いを大まかに言いますと
藍は植物を原料にした天然染料
インディゴは石炭を原料とした化学染料です。

分子レベルでは同じ構造ですが、藍は天然素材であるが故に不純物が混ざっています。
インディゴは安定した色を再現できますが
藍は不純物や温度変化の影響などで色が変わります。

45Rでは定番で藍染めのデニムを作っていますが、毎年顔が違っています。
同じ色は二度と見せてくれない、そんなかわいいところが藍の魅力でもあります。

20160507115711.JPG
それでは、洗い方についてです。

藍やインディゴの特徴といえば色落ちですね。
特にインディゴは色落ちしやすく、あえて色落ちさせるための染め方とも言えます。

洗濯が難しいイメージがありますが実はそんなことはありません。

他のものとは分けて洗濯しなければなりませんが
インディゴの服が増えてくれば、一気に洗濯ができるので楽になります。

20160507115843.JPG
まずは品質表示を確認しましょう。
こちらのTシャツは洗濯機の弱洗いコースと書いてあるので、それにしたがって洗います。
手洗いやドライクリーニングの表記のものもありますので、洗濯の前には必ず確認しましょう。

20160507115912.JPG
洗濯機にたっぷりと水を貯め、洗剤を溶かします。
お湯を使うとインディゴや藍は色が落ちやすくなってしまいます。
なるべく洗剤が直接服にかかってしまわないようにしましょう。

20160507120142.JPG
洗剤は中性洗剤がおすすめです。
強蛍光剤や漂白剤が入っているものは、不自然な色落ちを促してしまいます。

デニムと同様に、アタリが気になる方は裏返しにして洗濯機に入れて下さい。

20160507120159.JPG

干す際もデニムと同様に風通しの良い日陰に干して下さい。
インディゴや藍は日光や蛍光灯の光に弱く
長く光に晒していると、日焼けしてしまいます。

20160507120102.JPG

保管する時も、日光や蛍光灯の光に当たらない場所に保管して下さい。  20160507120233.JPG

 着用する時も、色移りに注意しましょう。

白いシャツなどに色移りした場合は早めに洗えば落ちますが
白いレザーのバッグやベルトなどの洗う事が出来ないものには 細心の注意が必要です。
濡れていなくても摩擦で色落ちしてしまう事があります。

色がついてしまっても落とすことはできないので 細心の注意を払って下さい。

20160507120503.jpg

ちょっぴり手のかかる藍やインディゴですが
たくさん着ると、その分自分だけの色に変化していきます。

藍もインディゴも、もともとは野良着を染めていたもの。
たくさん着て、たくさん洗って、どんな色になっていくのか楽しみになりますね。

満足工房では藍やインディゴへの染め直しもできます。
例えばシミが落ちなくなってしまった白シャツなど、インディゴや藍に染め直ししても素敵ですね。
染め替えができない服もございますので、満足工房にご相談下さい。

皆さまのご利用心よりお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845  メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

SAIJIKii R/満足工房窓口の、平日の営業時間が変わりました。
営業時間は平日・土日祝すべて11:00~19:00となりました。
平日水曜日は定休日となっております。

満足工房
2016/04/17 長く付き合える相棒に

こんにちは、満足工房です。
春になると服を新調したくなりますね。
45の日や春のお祭りでお気に入りのデニムを見つけた方も多いのではないでしょうか。

20160417184253.jpg

満足工房で最も多いお直しがデニムのリペアです。
デニムは洗わないで穿くのが良いとする考えや
水だけで洗うほうが良いなど様々な意見がありますが
長持ちさせるためには汚れたら洗う方が生地の劣化を防げます。

今回は破けてお直しをしなければならなくなる前に
少しでも長く付き合っていけるよう、デニムの洗い方をご紹介致します。

20160417184343.JPG

 穿きこんだデニムは汗や汚れが付着しています。
これが酸化すると生地が劣化し穴あきや破れの原因になります。

20160417184415.JPG

 実は洗っていないデニムをお直しをするのにはリスクが伴います。

劣化した生地はお直しした端から破れやすくなっていますし
後に洗濯をして生地が縮んだ時にお直し箇所が浮いてしまったり
その部分だけ色落ちせずに悪目立ちしてしまうことがあるのです。

満足工房にデニムをお持ちになる前に 、一度洗濯されることをお勧めいたします。

デニムの洗濯は意外と簡単です。

水を貯めた洗濯機に洗剤を溶かし
デニムのファスナーとボタンを留めて 裏返しにして弱水流で洗います。

20160417184455.JPG 洗剤は中性洗剤か石鹸洗剤がおすすめです。
洗濯機にたっぷりと水を貯め、洗剤を溶かしてからデニムを投入します。

界面活性剤や漂白剤の入っている洗剤は不自然な色落ちの原因になってしまいます。

20160417184756.JPG

20160417184809.JPG

 できるかぎり色落ちさせてくないならば、なるべく短い時間で洗いましょう。

20160417184823.JPG

 脱水が終わったら、風通しの良い日陰で干します。
日光に長く当てていると、色あせや日焼けの原因になってしまいます。

仕舞う時も日光に当たらない場所で保管しましょう。

20160417184844.JPG

 風が通るように干すと早く乾きます。

デニムの縮みや膝が出るのが気になる方は 裾を上にして干すと良いそうです。

20160417184908.JPG

 デニムは穿けば穿くほど自分の体になじんでいきます。
 長く相棒として付き合っていきたいですね。

もしもダメージができてしまった時は満足工房にご相談下さい。

皆さまのご利用、心よりお待ち致しております。

 

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/04/01 また来年、たくさん活躍できるように

こんにちは、満足工房です。
新年度を迎え、新しい生活が始まる方も多いのではないでしょうか。
気温も日中は上着が必要ない日も増えてきました。


今回ご紹介するのはフードコートのリメイクです。
時期的にもそろそろ冬物のコートは仕舞う時期ではないでしょうか。

着ているうちにダメージができてしまったものや
今年はあまり活躍する機会のなかったものなど
そろそろメンテナンスを始めても良い頃合いですね。

20160401200908.JPG数年前にご購入されたというフード付きのコート。
今はあまりフード付きの服は着ないとのことです。

こちらをPコートのような襟にリメイクします。20160401194541.JPGもともとはフードの外側だった生地を利用し、表襟を新しく作りました。
裏襟を作るには端切れが足りなかったので、似た生地で裏襟を作りました。 20160401201014.JPG20160401194702.JPGリメイクには端切れを利用させて頂きますが
足りない部分は似た生地で対応させて頂きます。

20160401194724.JPGこんな服があるけれど、どうリメイクすれば素敵にできるのか?

そんなお悩みがある方は、ぜひ満足工房にお持ちより下さい。
ご相談だけのご来店も、お待ち致しております!

皆さまのご利用、心よりお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/03/24 あきらめた服も、かたちを変えて新たな顔に

こんにちは、満足工房です。

桜が開花し、本格的な春がやってきました。
今日はあいにくの雨ですが、冬の厳しい寒さの雨とは違い、優しい雨ですね。

今回ご紹介するのはワンピースのリメイク。

上はタイトなシャツ、下はサーキュラースカートのような形のスカートになっています。

リサイズをご希望でしたが、もともと縫い代がないなどの理由でそれはできませんでした。
その代わり、サイズの合わないトップス部分を切り離し
スカートにリメイクすることになりました。

20160324163313.JPG

ウエストはゴム仕様にします。
それにはベルトが必要になりますので、切り離したトップス部分の袖を利用して作ります。

リメイクなどで新しくパーツを作る場合は似た生地を使用することになりますが
やはり一緒に経年してきた生地が一番自然になじむのです。

20160324163343.JPG

 

ウエストのゴムの寸法を割り出すために
お客様のウエストとヒップの周囲を測らせて頂きます。

20160324163406.JPG

 

シンプルなサーキュラースカートになりました。

20160324163424.JPG

ウエストもゴムで楽チンです。

20160324163552.JPG

一度はお直しが出来ず、着られなくなってしまったと思った服も
お直し方法を変えることで再生できました。

もう着られないとあきらめてしまわず、ぜひ満足工房へご相談下さいませ。

皆さまのご利用、心よりお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/03/11 春の準備はお早めに!

こんにちは、満足工房です。
春はもうすぐそこと思いきや、近頃はまたあいにくの寒空。
なかなか冬物の服を手放すことができませんね。

まだ肌寒いですが、春支度はそろそろ始めた方が良さそうです。
今回は冬の間、ニットの下に着ていたワンピースのリメイクです。

20160311174241.JPG

20160311175545.JPG

せっかくの花柄ですので春は主役に。
ワンピースをコートとしても着られるよう リメイクをしました。

20160311174829.JPG

20160311174852.JPG

ただ前を切って開くだけでは美しい仕上がりにはなりません。

ジャケットなどにも見られる「見返し」。
内側がめくれて見えやすい服には欠かせません。20160311174922.JPG

今回は着丈も詰めますので、その端切れを見返しに使用しました。
同じ生地が使えない場合は似たような生地で代用することになります。

20160311174937.JPG

春にぴったりの羽織りになりました。
ワンピースの時とはまた違ったレイヤードスタイルが楽しめそうです。

ブラウスなどにも応用できますね。

皆さまのご利用、心よりお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/03/04 安心の使い心地に

こんにちは、満足工房です。
アトリエでは次の展示会の準備で大忙しです。
サンプルの付属品を吟味したり...何度も気になる箇所を修正したり...
こうして手塩にかけて作られた服だけが、皆さまのお手元に届けられます。

20160304144804.JPG

20160304144822.JPG

 

今回ご紹介するのはバッグのお直し。
柔らかなヌバックのバッグですが 裏地を付けたいとのことでした。

20160304144846.JPG

45Rの革製品は、素材の味を活かすために 裏地がついていないものが多いです。
白いレザーですと、インディゴなどの色移りが少し心配ですよね。

20160304144943.JPG

 今回は同色系の色で裏地をつけました。
※裏地の色は、だいたいのご希望からのおまかせとなります。

20160304145118.JPG

 裏地を付ける場合はバッグと同じ寸法で作った裏地を入れ ミシンで縫いつけます。
なので表面にはステッチが走っています。

20160304145206.JPG

内ポケットもそのまま使えます。
もともと内ポケットのないものは、裏地に新たにポケットを作っても良いですね。
20160304145725.JPG

バッグ自体がインディゴ染めで、中に入れたものに
色が移ってしまいそうな時にも応用できそうです。

皆さまのご利用、心よりお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/02/19 明日は冬のアトリエセール!

こんにちは、満足工房です。
明日2月20日(土)は東京でのアトリエセール。

一階の満足工房/SAIJIKii Rでは サンプル販売を行います。

アトリエのスタッフも、明日の準備で大忙しです。

20160219165729.JPG

 皆さまにお届けする前の試作品ですので
デザインが変更になってしまったものや 企画だけで終わってしまったものなど
レアなアイテムが目白押しです。

20160219160806.JPG

 SAIJIKii Rへは普段ですとウインドウ側のステンドグラスのドアから入りますが
アトリエセールの日のみ、45R本社入り口側のエレベーターホールからお入りいただきます。

20160219160958.JPG普段のSAIJIKii Rの入り口

20160219163846.JPG

アトリエセール当日はこちらからご来場いただきます。

20160219164332.JPG2階のメイン会場へ直通のエレベーターの向かいの入り口が
1階の入り口になります。

2階のメイン会場の混雑が予想されるため、
1階からご覧になるのも良いかもしれません。

20160219161326.JPG

小さな「R」が目印です。

明日、皆さまにお会いできることを楽しみにお待ち致しております。

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp

満足工房
2016/02/12 贈り物を特別なものに

こんにちは、満足工房です。

以前ブログでもご紹介いたしました、生地の端切れ。
満足工房と併設のSAIJIKii Rで販売中です。

端切れは不定期で注ぎ足されていきますので こまめにチェックしてみて下さいね。

20160212151107.JPG

 2月14日はバレンタイン。

チョコレートも良いですが 服をプレゼントするのもまた素敵です。
ラッピングにもこだわれば、より心に残るものになります。

いつもの風呂敷でも可愛いですが
特別な日には少し手の込んだラッピングはいかがでしょうか?

20160212151053.JPG

 

20160212151240.JPG

シンプルなインディゴのTシャツ。
いつもの風呂敷でも嬉しいですが インディゴの柄物の生地で包めば
開く瞬間がより一層楽しくなります。
20160212151419.JPG

縫い物が得意でない方でも生地を活用できますね。

20160212151328.JPG

たとえば、簡単なエコバッグを手作りして渡しても。
藍のデニムを藍のツイードで包んでみました。
結わえたリボンも藍染めです。

20160212151452.JPG

20160212151510.JPG

20160212151529.JPG

貰った後も使ってもらえるのが嬉しいですよね。
20160212151725.JPG ※バッグは参考品です。満足工房では生地から物を作ることは承っておりません。

生地の加工のオーダーは承っておりませんが
何を作ったら良いかなどのご相談はお待ちしております。

素材などについても、スタッフにお尋ね下さい。

皆さまのご利用、心よりお待ち致しております。
 

満足工房
〒107-0062 東京都港区南青山7-2-1青康ビル1階
Tel.03-5469-0845
 メールアドレス kobo@45rpm.co.jp